>レポート>不動産売却は一人ではできないこともある!仲介してもらう

不動産売却は一人ではできないこともある!仲介してもらう

男性

買取と仲介の違いとは?

不動産に依頼をして不動産売却をする場合には、買取と仲介の二つの方法があります。しかし、この二つの違いを明確に知らなければ、損をすることになります。買取とは、不動産会社に物件を買取してもらうことを指します。仲介は名前の通り、物件を購入してくれる人を不動産が探してくれるように依頼することです。買取の場合には、不動産が直接買い取ってくれるのはで、買い手を探す必要がありません。そのため、売るまでのスピードが速く、すぐに現金を手に入れることができます。仲介の場合には、買い手を探す必要があるので広告に掲載されることもあり、近所に知られることもあります。しかし、不動産に売却をするよりも高額で買い取ってもらえることも多いです。福岡でも不動産売却はたくさんあります。

女の人

売却方法の選び方

福岡で不動産売却を考えたときには、立地などを考慮しましょう。人気が高い地域もあれば、そうでもない場合もあるからです。住んでいる物件がどのような条件かも加味する必要があります。築年数が新しい物件や立地条件がいい物やリフォームをしている場合には、買い手が付きやすいです。物件によって、買取をしたい人がすぐに見つかる場合には、不動産に仲介を依頼するといいでしょう。近所の人に物件を売却することを知られたくないケースや今すぐに現金が必要な人は、不動産に買取を依頼するほうがスピーディーに現金化することができます。仲介を依頼するときには、不動産売却の実績が豊富な会社に依頼することで、少しでも高値で売却することができます。